2011年09月17日

すいたまん







取扱商品について
今回販売する商品の特徴は?
すいたまんは吹田市のオリジナルまんじゅうを作ろう!とまちづくり市民塾から生まれました。小さな子供サイズで、国産小麦・玄米粉をブレンドした皮で、季節の野菜たっぷりの具を包みました。

そのメニューと金額は?
すいたまん は2個で200円です。 
                              
どんな方に買って欲しい?
おなかのすいた方たちに召し上がっていただきたいです。
                              
普段はどこで買えるの?
吹田市朝日町14-2大松ビル2F 「カフェたんぽぽ」前日までに予約が必要です。
tel : 090-1229-9210

普段の代表的なメニューと金額は?
500円の野菜たっぷりランチが好評です。
コーヒーも100円からお召し上がりいただけます。
                            
商品開発秘話
フライパンで焼いて作るので、底はカリッと香ばしく、蒸しまんじゅうのふっくら感も兼ね備える、皮の開発に時間がかかりました。


お店について
創業動機は?
体に優しくて、おいしくて、環境に無理をさせない、子供のおやつに食べさせてあげたい、そんなスローなご当地グルメを育てたい。
                              
なぜこの地で創業しているの?
吹田でなければ「すいたまん」は誕生しなかった。
                                                           
どんなお店にしたい?将来の目標は?
おなかすいたし、「すいたまん」食べようか!と言って、笑ってもらえる。吹田のローカルフードにしたい。
                              
社会にどんな恩返しがしたい?
吹田をすいたまんで盛りあげたい。おなかのすいた人たちを笑顔にしたい。

自分について
自分自身で自分をどんな人間だと思う?
仕事を増やす天才
                              
接客で心がけていることは?
挨拶、清潔、誠実、丁寧、元気、感謝、笑顔、
                              
お客さまは「○○です」
お客さまは「神様」です。
                              
経営指導員からの一言
すいたまんは「おなかのすいた子供のおやつ」をコンセプトに、国産玄米粉と小麦粉の皮で、大阪産の旬の野菜を使った具を包み込んで焼きあげるおかずまんじゅうです。
通常は吹田市内で開催されている「すいたまん塾」という料理教室に参加して、自分で作らないと味わえないすいたまんですが、JR吹田駅前「キッチンたんぽぽ」の協力を得て北摂地ヂカラフェスタにデビューします。



店舗(会社)概要  店舗(会社)名  キッチンたんぽぽ 
              所在地      吹田市朝日町14-2大松ビル2F
              連絡先      090-1224-8528 (スズキ) 
              HPアドレス  http://tanpopoblogsuita.blog96.fc2.com/




同じカテゴリー(地ヂカラ)の記事画像
吹田にぎわい観光協会
パン工房 カナール
お菓子工房 サントノーレー 
御菓子司 津村屋 
同じカテゴリー(地ヂカラ)の記事
 地ヂカラフェスタ出展者リスト 吹田市 (2011-09-21 15:19)
 吹田にぎわい観光協会 (2011-09-17 20:32)
 パン工房 カナール (2011-09-17 20:32)
 お菓子工房 サントノーレー  (2011-09-17 20:32)
 御菓子司 津村屋  (2011-09-17 20:32)

Posted by 吹田商工会議所 at 20:32 │地ヂカラ